防水工事名古屋市,名古屋防水工事,雨漏り名古屋,外壁塗装名古屋,外壁屋根ビル雨漏り,ビル防水名古屋

FRP防水からウレタン防水

FRP防水からウレタン防水

今回は名古屋市中村区でウレタン防水を行いました。
既存はFRP防水でひび割れがあり雨漏りしています。前回施工は大手リフォーム店で高額だったようです。高額の防水でもこのように割れてしまうのは防水工法の選択が間違いと思います。

画像の説明

ひび割れ拡大はこちら
雨水を吸い込んでいます。下地コンクリートで建物の動きに追従できずに割れてしまったようです。交通量の多い道路沿いなのも影響しているかもしれません。ですから今回は動きに追従できるウレタン防水を施工していきます。
画像の説明

まずはひび割れをそのままにして、防水かけても不安が残りますので確実に修復していきます。電動サンダーでもろくなっているところを削ってコーキングにて補修していきます。
削った様子がこちら
画像の説明

コーキングの画像がなかったですがちゃんとしてあります。コーキングした上に保護としてアルミテープを貼ります。こうする事で万が一に備えておきます。
画像の説明

全体がこちら
画像の説明

画像の説明

まずは1回目のウレタン防水です。
画像の説明

ウレタン防水は2回目を塗ります。
画像の説明

3回目に仕上げトップコートを塗って完成です。今回は遮熱塗料を使用しましたので真夏時には表面温度の低下が期待できます。
画像の説明

ウレタン防水は塗ってからレベリング(水平)しますので表面が滑らかに綺麗に仕上がる防水です。
画像の説明

排水口周りはこちら
画像の説明

工事期間は1日目下地補修、2日目ウレタン1回目塗布、3日目ウレタン2回目塗布、4日目遮熱トップコート塗布で完了いたしました。

こういった下地補修を適切に行えば防水は長持ちしますが、ウレタン防水は是非とも10年ごとにはご検討ください。

名古屋市近郊で防水工事をご検討の方はお気軽にご連絡くださいませ

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional